適性診断を使わない
キャリア相談

このサービスは、すでにキャリアの方向性が明確で強みの棚卸しなどをする必要がない方にお勧めです。ご相談内容の具体例をいくつか挙げてみます。

次回の転職先を日系企業にするか外資にするか悩んでいる

現在、日系企業にお勤めの田中さん(仮称)は、マーケティング・リサーチ所属で小学生の時にアメリカに住んでいたので英語ができます。転職を考えていて、このまま日本企業に勤めるべきか外資系にすべきか悩んでいました。

最終的に、日系グローバル企業のマーケティングに転職することになりました。
理由は2つあります。

まず非常に内向的な方で、欧米外資の自己主張が強い上司・同僚・部下達の中で、成果を出したことをPRするのは難しく、外資では損をするタイプと推察するが一点めです。

2点めに、外資の最終決定権は海外本社にあり、リサーチして日本市場に特化した商品を開発できるかは本社の判断次第で、できないことも多くやりがいを感じられなくなる人もいるので、日本が本社であるグローバル企業にいた方がやりたい仕事ができるのではという判断です。

この方の場合は、内向性が際立っていたので適性診断が無くても結論が導きやすかったです。

内定を3社からもらい、どこに入社すべきか迷っている。

見事、内定を3社からもらって喜ばしい限りなのですが、条件が横並びでない3つのオファーで比較が難しく、悩むのが理解できるケースです。

まず、現在の価値観の優先順位を明確にする作業をすることで、次の転職でかなえるべきトップ3の価値を探します。「ワーク・ライフ・バランス」・「グローバル」・「裁量権」と出たので、オファーの中で一番この3つを満たせるものはどれかを考えます。

実はこうしてみると、どの会社に行くべきかは迷う余地がありませんでした。自分1人で考えていると堂々巡りになりがちなので、客観的に書き出したり他者に説明してみることで解決することは多いです。

料 金

一般価格 - ¥ 15,000 (税込)
​オンラインサロン価格 - ¥10,000(税込)

お申込みから受講までの流れ
  1. 以下のお申込みボタンよりお申込みください。

  2. 事前にお振り込みをお願いします。

  3. 平行して、ご相談の日時を決めます。

  4. オンラインのURLをお送りしますので、事前に履歴書をお送りください。

  5. 当日、時間になりましたらZOOMのリンクをクリックしてください。

お客様の声
  •  (前出の方)内定をもらった3社のどこに行くのが一番良い道なのか、自分1人で考えていて、堂々巡りをしていました。自分は年収にこだわっていると思い込んでいたのですが、価値観を優先順位で仕分けすると、今の自分にとって一番大事なのは「年収」ではなかったのです

    多忙な生活が続いていたので、自分の時間が取れる仕事を望んでいることに気づかされました。業界をまたいで転職したご経験がある方に、業界の特性を伺えたことも有り難かったです。(M.T.  40代女性)

  •  ITが時代の花形なので、何とか移りたいと思ったがスピードが合わないと言われがっかりした。業界によってスピードがどのように違うのかを、具体的に説明してもらえて、製薬業界が長い自分は、入社してから合わないと思うようになるだろうと、ご指摘いただき納得した。

    不況に強い製薬企業の良い面を再認識することができたのも、収穫だった。
    (S.K. 30代男性)

  • 日本企業で幾つかの部署を移動し、気がつけば特に専門性があるわけでもないジェネラリストになってしまい、この先どうすれば良いか不安になっていました。
    外資への転職も考えていたのですが年齢的に厳しいとわかり、一つ前の職種が自分のやりたいことに近いし、パラレルワークをしたい内容でもあるので、異動できないか賢く動くという方針が立ちホッとしました。ありがとうございました。
    (C.F. 40代女性)